一般的な治療法について

手汗の治療は一般的にはどのように行われるのか?
実はこれが、ひとくちで病院の「何科」に行けばいい、とはならないのです。

まず、皮膚科の場合です。
診察をされて処方されるのは制汗剤。たったそれだけです。
または、心療内科で診察を受けるというケースがあります。
極度な発汗を精神的な面から治療するという方向で、
抗鬱剤、抗不安剤、交感神経抑制剤といった、
ストレスを緩和させる効果のある内服薬が処方されます。
もちろん、根本治療ではありません。

次に、美容系の皮膚科での診療となる場合です。
それらの医院ではボトックス注射の施術を行うのが一般的です。
汗を抑える効果があることで有名ですが、その効果は約半年。
永久ではありません。
また、イオンフォレーシスという治療を行っている医院も多くあります。
ボトックス同様に一時的に汗を抑えるもので、通院は必須です。

まずは診察を、と考えられている方は、
美容系のクリニックは避け、信頼できる病院での診断を行ってください。

本当に正しい手汗の治療法

このページの先頭へ

inserted by FC2 system