治療薬はあるのか?

結論から言えば、手汗の根本治療薬はありません。
しかし、一時的に症状を抑えるものは存在します。

まず、外用薬として処方されるのが塩化ナトリウム。
市販品では「テノール液」「オドレミン」などが同様のものにあたり、
こちらは塩化アルミニウムという成分の配合されたものです。
その原理は、塗布することで汗の中で結晶化した塩化アルミニウムが、
汗の出口(汗腺)を塞ぐ、いわゆる「フタ」をするわけです。
これらには副作用として「かゆみ」「かぶれ」といった症状があります。

次に、内服薬として処方される「抗コリン剤」があります。
交感神経を安定させ、発汗を抑える効果があり、
発汗に深くかかわるアセチルコリンという物質の働きを抑えます。
ボトックス注射も同様に、アセチルコリンの働きを抑止させるものです。
他には、自律神経に働きかける抗不安剤なども内服薬として処方されますが、
これらすべては一時的な抑止の範囲を出るものではなく、
かつ、必ず効果が期待できるというものでもありません。

特に、抗不安剤は副作用の説明を十分に受け、
できることなら使用をしない方向での治療を検討しましょう。

本当に正しい手汗の治療法

このページの先頭へ

inserted by FC2 system